カリウムの摂取

個別の健康食品やサプリメントについて、血圧低下の効果があるかどうかを検証することはしません。あくまでも「こういった成分が血圧低下に効果がある」ということについて紹介します。血圧の上下において、重要な役割を担っている栄養素が大きく2つあります。1つは「ナトリウム」、もう1つは「カリウム」です。ナトリウムは血圧の上方修正を行うための栄養素です。つまり、このナトリウムが多くなると、血圧は高くなることになります。皆さんが普段の食事から摂取する食塩は塩化ナトリウムであるため、塩分のとりすぎで高血圧になるのはこれが理由です。カリウムはこれに対して、血圧の下方修正を行うための栄養素となっています。ナトリウムとの摂取バランスを考えることによって、血圧をある程度低く保つことができる、ということになります。

一般的な食品としてカリウムが多く含まれているのは、パセリやよもぎなどです。なかなか普段の食事に取り入れることが難しい食品であるため、成分を多く使っている健康食品に頼ることで効果が期待できる場合も十分あります。ただし、腎臓疾患がある場合にはカリウムの排出ができず過剰症になる可能性があるため、医者と相談の上で利用しましょう。

参照ページ〈フコイダン配合健康食品 ヴェントゥーノ〉